大好きなクレマチスとかわいい猫たち、趣味の写真がメインの徒然日記です^^





春の花々とクレマチス展の続きを…

ナハトムジークとキリ テ カナワの他にもう一つ、↑の開花鉢を購入しました。
正直平凡な花なのですが、明るい藤色の早咲きが欲しいな~と漠然と思っていて
ふと目に付いたのです。

ところがこの鉢、どこにも品種名のタグが付いていなくてですね…
近くにいたスタッフの方に聞いたら、「ちょっと待って下さいね~」と言って
金子先生を連れてきちゃいました… ( ゚∀゚;)タラー

で、金子先生は開口一番「エビソンのシャンテリーだね~」と即答。
は~流石金子先生だわ♪(//∀//) とお礼を言いつつ、件のスタッフの方に
家に帰るまでに忘れちゃうから何でもいいからラベルを付けて~と頼んだところ
ポッケから取り出した紙片に「シャンテリー」と書いて
行燈にホチキスで止め付けてくれました。
「もし品種違いだったら金子先生のせいですからねw」と、おどけながら…





自宅に帰ってから、さてシャンテリーとはどんなクレマチスかいな…とググってみると
あちこちから出て来るのはハルディンのパティオクレマチス
でもね、ハルディンのサイトの写真も育てている方のblogの写真も
↑のクレマチスとは似ても似つかない桃色がかった白いクレマチスなのです…  ┐( ̄ー ̄)┌

何でかな~ 何でかな~ と首を捻りながら
件のハルディンのパティオクレマチスのページを眺めていたら
シャンテリーの2つ隣の写真が持ち帰ったクレマチスに似ている…!
いや、見れば見るほどソックリそのままじゃないのよコレ。
その写真の品種名はセザンヌ。

そうだ!エビソンさんの本があったから捜してみよう!! …と
英語が読めないのでほぼ写真鑑賞用となっていたこの本を開きました。

 


(本購入時のいきさつはこちらw)

小さい字のインデックスページを必死に探して C. Cezanneを見つけ
写真を確認したところ、やはり間違いなさそうです。

ここで気が付いたのですが、shimejiは不勉強で知らなかったのですが
ハルディンのパティオクレマチスって、まんま
Raymond Evison Clematis の Boulevard®(compact patio)シリーズの事だったんですね…


という事で、購入したクレマチスは セザンヌ(C.Cezanne ™ evipo023)でした。


もう…セミナーであれほど品種を特定しておくのは大切だと言っていたのに~ ヾ(^^;)

セザンヌですが、花そのものは明るい藤紫の一重にクリーム色のしべで
正直平凡な印象です。
が、特筆すべきはそのコンパクトさ&多花性。
行燈仕立ての↑写真を見たら、中大輪早咲き系(パテンス系)?という雰囲気ですが
その蔓を傍で観察すると、蔓の先端だけで無く短い蔓の節々に蕾が膨らんでいるのです。





これは沢山咲いて楽しませてくれそうですよ♪♪♪

花が終わるまで暫く植え替えは出来そうに無いので
少し根が露出していた株元に土増しだけしておきました。




拍手[0回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
金子先生直々に品種名伝授されたですか~、ついでにサイン貰っちゃえばよかったのに(^^)

shimejiさんもパティオデビューされたのですね~、うちにもピカルディがありますよ。
確かに蔓があまり伸びなくて、こじんまりとしてます。
今年は芽数も多くて調子良さそうですが、順調に育ってくれればいいのですが・・・・

セザンヌも爽やかな色合いで美しいですね!
大輪・多花でコンパクトにまとまると、少スペースでも豪華に楽しめるから、こういう品種もアリですよね^^
ポキート 2013/03/19 (Tue) 21:17 編集
ポキートさん
その伝授された品種名が違っていたからして… (´・ω・`)
ま、同じパティオなら管理は一緒だから結果オーライ? …じゃ無いですよねw

ピカルディってちょっとフリフリで青い花の~? それも綺麗よね~(//∀//)

パティオシリーズ、あまり話題に上らないような気がしますが
我が家の場合グイグイラティスを登っちゃうのが多いから
足元の寂しさをカバーするのにコンパクトな品種も上手に使うと良いかもですね^^


今頃追記コメ~
再度エビソンさんのサイトで確認したら
ピカルディは濃い紫ピンクの品種でしたね…(汗)
青いフリフリはパリジェンヌでした<(_ _)>
shimeji URL 2013/03/19 (Tue) 21:32 編集
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[04/26 goku]
[04/21 ももこ]
[04/21 ももこ]
[04/19 ももこ]
[06/28 あけ]
[06/21 みこ]
[06/20 あけ]
[05/21 ももこ]
 Plofile
Author : shimeji
猫とクレマチスを愛するワーキング主婦。 東京湾岸・運河沿いのマンションに夫と猫と共に生息。四半世紀ぶりに再開した弓道の稽古にいそしんでいます^^
にゃんずの紹介

しめたん★長女★サビ

1999年5月、当時の職場近くの路上で弱っているところを保護(推定生後1ヶ月)。我が家のファーストキャットとなりました。本当はもっと甘えたいのに素直になれないツンデレ・クールなしめたんです。2012年に乳腺腫瘍摘出手術を受けました。2016年に再発し再手術。

 


みんたん★長男★茶トラ

2001年5月、自宅マンション敷地内で保護(推定生後1週間)。シリンジで3時間毎にミルクを与え、排泄をさせて育てました。優しくて甘えん坊、茶トラらしい天真爛漫な男の子です。

★2015.8.15 肺疾患(確定診断は受けていません)による呼吸不全でお星様に… 悲しみが癒えるにはまだ少し時間が掛かりそうです…

 


くろたん★次女★黒猫

2004年11月、外猫ボランティアさんより里親として引き取る(推定1歳半)。FIV陽性で慢性の口内炎を患っていますが、獣医さんと協力して発症しない様に精一杯ケアしています。とっても優しくて甘えん坊。カナリアの様な可愛い声で鳴きます。

★2011.8.18 「急性動脈血栓塞栓症」でお星様に… 今でも大切な家族です。

 


小雪★三女★白猫

2009年6月、自宅近くのホームセンター駐車場で保護(推定5ヶ月)。先天性の重度の難聴と思われますが、日常生活にはまったく問題無く毎日元気に走り回っています。真っ白な体に青い瞳でとても美しい猫ですが、女の子とは思えない暴れん坊将軍w

ブログ内検索
猫温度計
shimejiにメールを送る
Facebook(shimeji)
バーコード

Copyright © 2013 にゃんともクレキチまっしぐら!
Template by Emile*Emilie