大好きなクレマチスとかわいい猫たち、趣味の写真がメインの徒然日記です^^



ロマンティカ

今年は蔓の配置をミスってしまいました…
予想以上に伸びたラプソディが西側隔壁のラティスを殆ど覆ってしまい
ロマンティカはその陰で日照不足になった上
やっと咲き始めたと思ったら右側からフォンドメモリーズに押しまくられ
なんとも可愛そうな状態で咲いています。
↑ は蔓の先端に付いた大き目の頂花ですが、少し花弁数が多く面白い姿で咲きました。



フロリダ&ナイトヴェール

純白と濃い紫の組み合わせがこの上なく高貴…

源氏物語の中に、源氏の君が縁(ゆかり)の女人方に選ぶ衣装から
正妻の立場にある紫の上がかつての恋敵の人となりを類推するというくだりがあります。

周りからも正妻として遇され、確固たる地位と自信があるはずの紫の上は
それぞれの女人の為に選ばれた衣装の織や色目を見ながら
冷静に夫の愛人達を分析するのですが
その中で最も高貴な紫と白の衣装を贈られた明石の上にだけは
心を乱されて平静でいられないのです…

白×紫の組み合わせを見るとshimejiはそんな事を想い出します。





拍手[4回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
私もです。

明石の上は、後に国母(こくも:天皇の母)となる秋好中宮を生みましたが、生んだ娘を紫の上の養女として、幼い娘を手放しました。
身分の低いわが身より、身分の高い紫の上の娘として育つ方が、娘が幸せになれるから。そしてなにより、そうすることが、源氏の天皇の外戚としての成功のために、どうしてもなんとしても必要なことだったから。
実子に恵まれなかった紫の上も、生んだ我が子を手放さざるを得なかった明石の上も、きっと互いの身の上の不幸を知っていたと思います。

純白と濃い紫の組み合わせを見ると、明石の上(白)と紫の上(紫)の、響き合う心が思われます。

ももこ URL 2013/05/23 (Thu) 00:30 編集
ももこさん
やはりももこさんには伝わりましたか…

明石の姫君の入内を機にお世話を明石の上に任せる事になり
初めて対面した紫の上と明石の上がお互いを認め合い
これまでの辛い物思いも理解し合うくだりは感動ものですよね~

ももこさん、秋好中宮は六条の御息所の娘で
源氏の君の養女として冷泉帝に嫁いだ姫ですよん^^
そう言えば生みの母が明石の上で育ての母が紫の上の明石の姫君は
その後印象に残る呼び名も付いていなかったような…
東宮の女御とか立場だけのしょーもない表現しか記憶に無いヾ(^^;)
源氏の実子で恋の物語には直接係らないから
作者の興味というか愛が足りないのかしらん。
shimeji URL 2013/05/23 (Thu) 20:47 編集
無題
しまった。間違ったか。
記憶ってぼやけるものですね。
久しぶりに源氏物語を読んでみましょう。もちろん現代語訳でね。
ちなみに私が好きなのは円地文子訳です。
ももこ URL 2013/05/23 (Thu) 21:16 編集
ももこさん
白状します…
私の源氏物語バイブルは大和和紀さんの「あさきゆめみし」そうです、マンガです!
でもね、絵もとっても綺麗だし心理描写が素晴らしいのですよ♪♪♪
初めて読んだのはもちろん子供の頃でしたが
大人になってから雑誌掲載当時のカラー絵を完全収録した
豪華愛蔵版を購入してしまいました…( ̄ー ̄)ニヤリ
shimeji URL 2013/05/23 (Thu) 21:28 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 16 17
19 20 21 22 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/18 せな]
[06/16 せな]
[05/30 あけ]
[05/10 風車]
[05/05 ももこ]
[04/26 goku]
[04/21 ももこ]
[04/21 ももこ]
 Plofile
Author : shimeji
猫とクレマチスを愛するワーキング主婦。 東京湾岸・運河沿いのマンションに夫と猫と共に生息。四半世紀ぶりに再開した弓道の稽古にいそしんでいます^^
にゃんずの紹介

しめたん★長女★サビ

1999年5月、当時の職場近くの路上で弱っているところを保護(推定生後1ヶ月)。我が家のファーストキャットとなりました。本当はもっと甘えたいのに素直になれないツンデレ・クールなしめたんです。2012年に乳腺腫瘍摘出手術を受けました。2016年に再発し再手術。

 


みんたん★長男★茶トラ

2001年5月、自宅マンション敷地内で保護(推定生後1週間)。シリンジで3時間毎にミルクを与え、排泄をさせて育てました。優しくて甘えん坊、茶トラらしい天真爛漫な男の子です。

★2015.8.15 肺疾患(確定診断は受けていません)による呼吸不全でお星様に… 悲しみが癒えるにはまだ少し時間が掛かりそうです…

 


くろたん★次女★黒猫

2004年11月、外猫ボランティアさんより里親として引き取る(推定1歳半)。FIV陽性で慢性の口内炎を患っていますが、獣医さんと協力して発症しない様に精一杯ケアしています。とっても優しくて甘えん坊。カナリアの様な可愛い声で鳴きます。

★2011.8.18 「急性動脈血栓塞栓症」でお星様に… 今でも大切な家族です。

 


小雪★三女★白猫

2009年6月、自宅近くのホームセンター駐車場で保護(推定5ヶ月)。先天性の重度の難聴と思われますが、日常生活にはまったく問題無く毎日元気に走り回っています。真っ白な体に青い瞳でとても美しい猫ですが、女の子とは思えない暴れん坊将軍w

ブログ内検索
shimejiにメールを送る
Facebook(shimeji)
バーコード

Copyright © 2013 にゃんともクレキチまっしぐら!
Template by Emile*Emilie