大好きなクレマチスとかわいい猫たち、趣味の写真がメインの徒然日記です^^

                   まだ大丈夫だよ~

                      入りたい!(箱大好き)
                  
                  という訳で、ドロンします。

■■■ みんたん闘病記その2 ■■■

レントゲンで肺が真っ白に写り
肺腺腫か重度の肺炎の可能性が高いと言われてから10日経過しました。

1週間経過した時点で、再度レントゲン撮影を行いましたが
物凄く贔屓目に見て微かに白い影が薄くなったかも…?というくらいで
ほぼ肺の状況に変化は無く
その代わりに見た目の呼吸はどんどん早く荒くなって
もう胸だけでなくお腹も肩も頭も動かして全身で呼吸をしている感じに…

なんだか苦しそうで見ているのが辛かった為
少しでも呼吸が楽にならないかとレンタルの酸素室を調べていたのですが
獣医さんからも酸素室を使うという手もありますよと提案を受けたので
早速業者に依頼し、今日機器が届きました。

本来はフレームにカバーを掛けた
ビニールハウスタイプの酸素室とセットで借りるものなのですが
扱いやすく快適な酸素室を自作しようと思い、機器だけレンタルしました。

↑ の写真がその自作酸素室なのですが
ご覧の通り、ホームセンターで購入した収納ケースを
ちょっと改造して、中にバスタオルを敷いただけです。
蓋の部分にチューブを通す小さい穴を開け
側面に自由に出入りできる猫ドアを付けました。

猫って具合が悪くなっても最後の最後まで
トイレは自分で歩いて行くとか良く聞くので
呼吸は苦しくてもまだよろけたりもせず歩いているみんたんを
閉じ込めるには忍びなく、ついつい猫ドアをつけてしまった訳ですが
当然の事ながらおとなしく入っているはずも無く
写真の通り速攻脱出されております… _| ̄|○

そのうち、この中に居ると呼吸が楽になるという事に気付いて
自分で出たり入ったりしないかと思っているのですが
そこまでは賢くないだろうな~  ┐( ̄ー ̄)┌ 

この間体重もさらに落ちて、19日の時点で3.6kgでした。
処方されている食欲増進剤は効いた様で
以前と比べて食べてはいるのですが
その分吐いてしまっているという事なのでしょう…

外注していた膵炎の血液検査の結果も出ましたが
基準値以下で膵炎の所見は無しとの事。
4ヶ月前の検査では基準値の2倍以上でほぼ膵炎で間違いない
との診断結果だったのに不思議なものです。

もとの掛かりつけの先生に事情を説明して
4ヶ月前のレントゲン写真のデータを預かって来ましたが
(お腹中心に撮影しているからあまり参考にならないかも…とおっしゃっていましたが)
それでも半分ほど写っている肺には異常は見られず
やはりこの4ヶ月の間に現れた病変の様です。

治療を開始して1週間。現時点ではまだ肺腺腫とも肺炎とも
判断は付かない為、今の肺炎の治療を継続する事になりました。
回復を信じて引き続きみんたんと一緒に頑張ります。






拍手[6回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[04/26 goku]
[04/21 ももこ]
[04/21 ももこ]
[04/19 ももこ]
[06/28 あけ]
[06/21 みこ]
[06/20 あけ]
[05/21 ももこ]
 Plofile
Author : shimeji
猫とクレマチスを愛するワーキング主婦。 東京湾岸・運河沿いのマンションに夫と猫と共に生息。四半世紀ぶりに再開した弓道の稽古にいそしんでいます^^
にゃんずの紹介

しめたん★長女★サビ

1999年5月、当時の職場近くの路上で弱っているところを保護(推定生後1ヶ月)。我が家のファーストキャットとなりました。本当はもっと甘えたいのに素直になれないツンデレ・クールなしめたんです。2012年に乳腺腫瘍摘出手術を受けました。2016年に再発し再手術。

 


みんたん★長男★茶トラ

2001年5月、自宅マンション敷地内で保護(推定生後1週間)。シリンジで3時間毎にミルクを与え、排泄をさせて育てました。優しくて甘えん坊、茶トラらしい天真爛漫な男の子です。

★2015.8.15 肺疾患(確定診断は受けていません)による呼吸不全でお星様に… 悲しみが癒えるにはまだ少し時間が掛かりそうです…

 


くろたん★次女★黒猫

2004年11月、外猫ボランティアさんより里親として引き取る(推定1歳半)。FIV陽性で慢性の口内炎を患っていますが、獣医さんと協力して発症しない様に精一杯ケアしています。とっても優しくて甘えん坊。カナリアの様な可愛い声で鳴きます。

★2011.8.18 「急性動脈血栓塞栓症」でお星様に… 今でも大切な家族です。

 


小雪★三女★白猫

2009年6月、自宅近くのホームセンター駐車場で保護(推定5ヶ月)。先天性の重度の難聴と思われますが、日常生活にはまったく問題無く毎日元気に走り回っています。真っ白な体に青い瞳でとても美しい猫ですが、女の子とは思えない暴れん坊将軍w

ブログ内検索
猫温度計
shimejiにメールを送る
Facebook(shimeji)
バーコード

Copyright © 2013 にゃんともクレキチまっしぐら!
Template by Emile*Emilie