大好きなクレマチスとかわいい猫たち、趣味の写真がメインの徒然日記です^^


しめたんですが、先週乳腺腫瘍の手術をしました。
以前乳腺をほぼ全摘出する手術をしてから3年半。
予後の悪い仔も少なく無いと聞くなか
良く頑張ってくれていると思います。

もう17歳になるので全身麻酔の手術を
すべきか本当に悩みましたが
掛かり付けの獣医さんと夫とよく相談して決めました。



シコリを4つも取ったので結構な傷ですが
しめたんの場合入院がストレスになってしまうので
日帰りにしてもらって
家で抗生剤のお薬を飲ませていました。

みんたんが亡くなる間際
嫌がるみんたんに無理矢理薬を飲ませてしまったのを
とても後悔していてちょっとトラウマ気味だったのですが
しめたんは退院したその日からご飯も食べて
お薬も上手に飲んでくれているので助かっています。
早く傷が治って元気になって
みんたんの分まで長生きして欲しいな^^

拍手[3回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
びっくりしています。。。
ものすごーーーーく久しぶりに、なんとなくうかがったら、
しめたんの乳腺腫瘍摘出手術の記事・・・
そうか、3年半転移再発しなかったんですね、それはすごいことだ。
そして入院のストレスも考えて自宅療養、とても賢い選択。
そして.....さらにみんたんも昨夏虹の橋にわたってた知って、
しかも肺疾患・・ ショックです。
無理矢理薬を飲ませてしまったのをとても後悔....というのを読んで、
私もロックンの時にはカリの時のようには対処しなかったことを思い出しました。
誰のための治療なのか..... がんばりすぎることはやめました。

しめたん、手術よくがんばったね。
みんにゃの分まで、まだまだ長生きしようね。

ぱんとら URL 2016/04/01 (Fri) 07:20 編集
ぱんとらさん
ぱんとらさ~~~ん!
こちらこそ、大変大変ご無沙汰しております…

保護に携わって多くの仔達にかかわる方々にくらべたら
重篤な病気や愛するものの死に接する機会も少ないはずなのですが
命の儚さや元気で今ここにある事の大切さを考えずにはいられません。

カリちゃんとしめたんの乳腺腫瘍、ロックんとみんたんの肺癌
以前と比べて少しpcから離れて生活していても
愛する者の病と共に戦う同志としてぱんとらさんは特別な存在です。

どこまで治療を頑張るのかについては本当に毎回毎回悩みますし
正しい答えなんてどこにも無いと思うので
今後も事ある毎に悩むんでしょうね…

ビブちゃんが処方されたセミントラ、しめたんも飲んでいます。
血液検査の数値はそんなに酷く悪くはないのですが
飲水量と尿量が若いころと比べてとても多くなっているので
やはり加齢により腎臓が弱ってきていると考えられるので
これ以上悪くならない様に予防的に飲ませている感じです。
なので、けっこう飲ませるの忘れちゃうのですが…ヾ(^^;)

ぱんとらさん、コメント嬉しかったです。ありがとうございました!
2016/04/03 (Sun) 01:07
しめたん!!
お久しぶりです。
しめたんにまた
お洋服作らせてください。

あら~

すぐに送ります・・
あら~
住所 汗・・
八戸の kikuchi 2016/04/21 (Thu) 14:55 編集
kikuchiさん
ご無沙汰しております! その節は大変お世話になりました<(_ _)>
あの時送って頂いたパステルグリーンとヒョウ柄の可愛い術後服は
綺麗にお洗濯して大切に取ってあります^^

お陰様で今回の手術の傷は化膿もせず綺麗に塞がりました。
一度毛刈りした後の皮膚を舐めて赤剥けにしてしまったのですが
その後全体がカピカピの瘡蓋になり、それもほぼ剥がれて
綺麗に皮膚になっています。

ただ、まだ毛は生え揃っていないので
このタイミングでまた舐めて赤剥けになってしまうと元の木阿弥。
なので、もう少し毛が伸びて来るまでの間
もうしばらくはカラー生活になりそうです。
2016/04/23 (Sat) 00:25
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 16 17
19 20 21 22 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/18 せな]
[06/16 せな]
[05/30 あけ]
[05/10 風車]
[05/05 ももこ]
[04/26 goku]
[04/21 ももこ]
[04/21 ももこ]
 Plofile
Author : shimeji
猫とクレマチスを愛するワーキング主婦。 東京湾岸・運河沿いのマンションに夫と猫と共に生息。四半世紀ぶりに再開した弓道の稽古にいそしんでいます^^
にゃんずの紹介

しめたん★長女★サビ

1999年5月、当時の職場近くの路上で弱っているところを保護(推定生後1ヶ月)。我が家のファーストキャットとなりました。本当はもっと甘えたいのに素直になれないツンデレ・クールなしめたんです。2012年に乳腺腫瘍摘出手術を受けました。2016年に再発し再手術。

 


みんたん★長男★茶トラ

2001年5月、自宅マンション敷地内で保護(推定生後1週間)。シリンジで3時間毎にミルクを与え、排泄をさせて育てました。優しくて甘えん坊、茶トラらしい天真爛漫な男の子です。

★2015.8.15 肺疾患(確定診断は受けていません)による呼吸不全でお星様に… 悲しみが癒えるにはまだ少し時間が掛かりそうです…

 


くろたん★次女★黒猫

2004年11月、外猫ボランティアさんより里親として引き取る(推定1歳半)。FIV陽性で慢性の口内炎を患っていますが、獣医さんと協力して発症しない様に精一杯ケアしています。とっても優しくて甘えん坊。カナリアの様な可愛い声で鳴きます。

★2011.8.18 「急性動脈血栓塞栓症」でお星様に… 今でも大切な家族です。

 


小雪★三女★白猫

2009年6月、自宅近くのホームセンター駐車場で保護(推定5ヶ月)。先天性の重度の難聴と思われますが、日常生活にはまったく問題無く毎日元気に走り回っています。真っ白な体に青い瞳でとても美しい猫ですが、女の子とは思えない暴れん坊将軍w

ブログ内検索
shimejiにメールを送る
Facebook(shimeji)
バーコード

Copyright © 2013 にゃんともクレキチまっしぐら!
Template by Emile*Emilie