大好きなクレマチスとかわいい猫たち、趣味の写真がメインの徒然日記です^^







突然ですが、今日みんたんは頭頂部に出来た肥満細胞腫の切除手術を受けています。
みんたんは肥満細胞腫ができやすい体質らしく、切除手術を受けるのは実に6回目…

今回切除する腫瘍はもうずいぶん前に発見しており
大きくなる兆候が無ければ手術はしない方針でしたが
先月あたりから徐々に腫瘍が大きくなってきたのと
場所が場所なのであまり大きくならないうちに切除する事にしました。

実は右目の下瞼にももっと以前から小さい腫瘍があるのですが
こちらは殆ど変化無し、もしくは小さくなっている様にも感じるので
このまま経過観察するつもりです。

猫における皮膚型の肥満細胞腫はそれほど悪性度が強くない場合が多い様なので
腫瘍の部位・大きくなる兆候があるかどうか・また高齢の仔の場合等は
敢えて手術しないという選択肢もあると思っています。

みんたんに初めて肥満細胞腫が見つかった2004年頃は
肥満細胞腫発見 → 半径・深さ3㎝以上のマージンを取って切除手術!
というのが獣医師のセオリーだった様ですが
最近の臨床では、それ程マージンを取らなくて良さそうだとか
切除手術が絶対では無いといった考えもある様。

掛かりつけの獣医さんは直近の臨床等も良く勉強されていて
飼い主の希望を聞いた上できちんと治療方針を説明してくれるので
信頼してお任せしています。

先ほど、執刀してくださった院長先生から
無事手術が終わり麻酔も醒めたとの連絡がありましたので
これからみんたんを迎えに行って来ます!

続きがあります…(右下の[つづきはこちら]をクリック)


過去5回の術後写真


2004年12月



2006年8月



2007年4月



2010年8月



2010年10月





拍手[3回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
大変でしたね。早く元気になりますように。
術式が患畜に負担が少ない方法に変わって来たのはよかったです。
早く元気に遊べるようになるといいですね、みんたん。
ももこ URL 2013/08/08 (Thu) 06:37 編集
ももこさん
あたたかいコメントありがとうございます^^
もともとみんたん自身には自覚症状は無く
切除範囲も出来るだけ小さくして頂いたので
もういつも通りのみんたんです♪
流石に翌日くらいまでは少々ご機嫌斜めでしたが…
shimeji URL 2013/08/09 (Fri) 08:39 編集
無題
おはようございます~!

みんたん、いい子でよく頑張りましたね。
これまでの経歴写真を見ると、倍(いや、6倍)よく頑張ったねって誉めてあげたくなります。
目の小さいのは場所が場所だし、このまま変化なく手術にならないといいですね。

私が小学校低学年の頃から飼っていた猫にも同じようなのが出来てるのを見たことがあります。ちゃんと肥満細胞腫発見という名前が付いている疾患だなんて知らなくて、その後大きくもならなかったのでそのまま忘れていました。
shimejiさんはちゃんと観察してあげてるから偉いわ~。

みんたん、1日も早い回復を!
Napoli 2013/08/14 (Wed) 10:04 編集
Napoliさん
お陰様でみんたん本人は帰宅直後からいつも通り元気にしております^^
今回はなるべく小さい切開で済むようにお願いしたので
傷もとても小さくもう瘡蓋になって毛も生えてきました♪

小さなイボ状のものが全て肥満細胞腫という訳では無いと思いますが
状況に応じて小さいうちの外科的切除も必要と考えています。
放置して腫瘍が大きくなると手術も大変ですからね…
shimeji URL 2013/08/15 (Thu) 22:38 編集
無題
しばらくご無沙汰してる間に・・・大変でしたね。
みんたん、きっと元気復活、何事もなかったように過ごしてることかと。(^艸^)
肥満細胞腫でもけっこう脅す(?)獣医もいるらしいから、
かかりつけの獣医さん、信頼できる医者で何よりです!
それにしても、過去の術痕、痛々しい・・・
と同時に、みんたんの素肌(っていうのか?)キレイだにゃ。( ´▽`)
ぱんとら URL 2013/08/22 (Thu) 17:09 編集
ぱんとらさん
ご推察通り、みんたんは元気にしておりますよん♪
傷痕もほとんど目立たなくなり、もともと毛が短い部分なので
ほぼ毛も生え揃いつつあります。(手術直後はプチザビエルでしたがw)

信頼できる獣医さんにお任せできるのは飼い主として有難いですね。
こちらも丸投げするのでは無くいろいろ勉強して
「この様な治療方法があると聞いたのですが…」とか
「今日使ったお薬はどういうものですか?」とか
どんどん質問して、それに対して誠実に対応してくれる事によって
形成された信頼関係あればこそと思っています。

ふふふ、さすがぱんとらさん♪
そうなんです。みんたんの素肌はすべすべピンクで
とっても気持ち良いんですよ~(//∀//)
過剰グルーミングでどうしても右腰あたりが
ハゲてしまうのですが
ついついそこにチュー♥しちゃいますw
それが過剰グルーミングの原因だったりして…  ┐( ̄ー ̄)┌ 
shimeji URL 2013/08/23 (Fri) 10:37 編集
 Plofile
Author : shimeji ★★★★★             拍手コメント嬉しく拝見しております^^         が、それをお伝え出来ない&お返事を書く事が出来ないので、ぜひエントリー記事へのコメントとして残してくれるとありがたき幸せ♪
猫とクレマチスを愛するワーキング主婦。 東京湾岸・運河沿いのマンションに夫と猫と共に生息。四半世紀ぶりに再開した弓道の稽古にいそしんでいます^^
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[10/01 ramumari]
[06/18 せな]
[06/16 せな]
[05/30 あけ]
[05/10 風車]
[05/05 ももこ]
[04/26 goku]
[04/21 ももこ]
にゃんずの紹介

しめたん★長女★サビ

1999年5月、当時の職場近くの路上で弱っているところを保護(推定生後1ヶ月)。我が家のファーストキャットとなりました。本当はもっと甘えたいのに素直になれないツンデレ・クールなしめたんです。2012年に乳腺腫瘍摘出手術を受けました。2016年に再発し再手術。

★2017.10.18 乳腺腫瘍の再発&老衰でお星さまに… 自宅で穏やかな余生を送り、亡くなる当日まで自分でおトイレに行く誇り高きにゃんこでした。

 


みんたん★長男★茶トラ

2001年5月、自宅マンション敷地内で保護(推定生後1週間)。シリンジで3時間毎にミルクを与え、排泄をさせて育てました。優しくて甘えん坊、茶トラらしい天真爛漫な男の子です。

★2015.8.15 肺疾患(確定診断は受けていません)による呼吸不全でお星様に… 辛い治療とQOLについて深く考えさせられました。

 


くろたん★次女★黒猫

2004年11月、外猫ボランティアさんより里親として引き取る(推定1歳半)。FIV陽性で慢性の口内炎を患っていますが、獣医さんと協力して発症しない様に精一杯ケアしています。とっても優しくて甘えん坊。カナリアの様な可愛い声で鳴きます。

★2011.8.18 「急性動脈血栓塞栓症」でお星様に… 今でも大切な家族です。

 


小雪★三女★白猫

2009年6月、自宅近くのホームセンター駐車場で保護(推定5ヶ月)。先天性の重度の難聴と思われますが、日常生活にはまったく問題無く毎日元気に走り回っています。真っ白な体に青い瞳でとても美しい猫ですが、女の子とは思えない暴れん坊将軍w

ブログ内検索
shimejiにメールを送る
Facebook(shimeji)
バーコード

Copyright © 2013 にゃんともクレキチまっしぐら!
Template by Emile*Emilie