大好きなクレマチスとかわいい猫たち、趣味の写真がメインの徒然日記です^^
私より先に逝くなんて…

                   ママの事は頼んだよ…

■■■ みんたん闘病記 その7<回想> ■■■

もうご飯も食べていなかったのに、お水も自分で飲めなくなっていたのに
亡くなる前日までみんたんにとって辛い投薬を続けた事を悔やんでいます…
もう助からないのであれば、嫌な事なんて一切しないで
最後の日々を心安らかに過ごさせてあげれば良かった…
亡くなる前の最後の2日間くらいは、もう抱き上げてもイヤイヤをする元気も無く
力無く抱かれるままになっていたのに…

でもね、もう少し新しいお薬を飲み続ければ
奇跡が起こってみんたんが回復するんじゃないかって
どうしても諦めきれなかった…

時間は戻せないし、みんたんはもう戻って来ないし
たらればは無いと解ってはいるのですが。

みんたんが亡くなったのは15日の土曜日。
前回の記事にも書きましたが、ちょうど私の仕事がお休みの日でした。
少し前まではまだまだみんたんは頑張ってくれると思っていたので
気分転換に映画でも観ようかとジュラシックワールドの指定券を取っていたのですが
当日は朝からみんたんの様子がもう予断を許さない状態になっていたので
もちろん映画どころでは無くチケットは無駄になってしまいました。

夫は数日前からお盆休みで新潟に帰省していたのですが
「みんたん行ってくるよ~、元気になると良いな~」と
みんたんに声を掛けている姿を見て
もうこの人はみんたんには会えないかもしれないな…と思っている私が居ました。

その悪い予感が当たってみんたんは夫の帰省中に亡くなってしまったのですが
電話を掛けて「みんたん死んじゃった…」と言ったきり
言葉も無く泣き続ける私を心配して、予定を切り上げてその晩帰って来てくれました。

みんたんが亡くなった後も、かなり長い間亡骸を胸に抱いていたのですが
そうだ、死後硬直する前に棺に納めやすい姿に綺麗に整えてあげなくては…と思い
苦しくて見開いてしまったお目目を優しく優しく撫でて閉じさせ
新しい綺麗なタオルで躰を包み、枕を入れて頭の位置を固定し
優しい可愛いお顔になるように丁寧に丁寧に撫でながら表情も整えてあげました。

そして、皆が居るリビングのソファの上にみんたんの躰を横たえた後
今考えてもちょっと自分でオカシイと言うか
それって今やる事?という行動をしていたのですが
みんたんは死んじゃったからもう使わないんだ…と酸素室と酸素濃縮器を
物凄く冷静に片付けて、レンタル業者に返送する為のパッキングまで済ませ
みんたんのカリカリのお皿やお水のお皿も、もうみんたんは死んじゃったから
要らないんだ…と粛々と片付けるという作業をしていました。

今冷静になって考えれば、みんたんはついさっき亡くなったばかりなのに
その痕跡をどんどん片付けてしまうなんてなんだか冷たい様な気がするのですが
たぶんその時は、何か体を動かしていないと悲しみの渦に飲み込まれてしまいそうで
居ても立ってもいられなかったのだと思います…










拍手[4回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは。

ずっと拝見してるのですが
どうにもコメントが書けませんでした。

悲しいですねとかさびしいですねとか決まりきった言葉でなく、何かいい言葉はないかと探しても、やっぱり言葉は見つかりません。
お写真見るだけで、全部伝わってくるので・・・
お気持ちが、全部。。。

私はミニィをお金で買った人です・・が、出会いはネットで見たことからでした。
ちっぽけなミニィが、ケージの中でさびしそうに見えて、この子にしようと思って会いに行ったんです。

・・・近所の猫友(仲良しの)に言われました。
迷いネコなどを多頭飼いしてる人です。
「猫がショップで売られてる姿見たくないのよねえ。値段がついてるのいやなんだもの。買わないで、家を探してる子を飼ってあげたらよかったじゃん」と。

そう言われたことが、今でもほんの少し突き刺さっています。
別にブランドを求めたわけでもなく、ファッション性が欲しかったのでもないのですが。。。

いのちはみんな同じ。どの子も可愛い子。

ミニィを飼っていろんなことを知りました。
地域猫ボランティアとか
譲渡会とか。
もっとそういうことを知っていたら。

どれが正しいとかはないけれど
今はショップに行くと、売られてる姿をあまり見たくないんです。
見るとしたら、ずっと売れない子のことに目が行って気になってたまらなくなっている。

何が言いたいのかわからなくなりました。

shimejiさんちの子になれて、みんたんよかったね!
暖かい家でだいじにしてもらえて、幸せに暮らせてよかったね~。
2015/09/13 (Sun) 21:10 編集
菫さん
おっしゃっている事、すごく良く解りますよ!
ミニィちゃんがペットショップ出身なのはごく普通の事じゃないですか。
個人で保護活動をされたりしている有名な猫ブロガーさんとかも
初めに飼った仔はペットショップ出身の純血種だったという方が
少なく無いですし…
私の実家ではミニチュアダックスを3代に渡って飼っていますが
最初の仔と今いる3匹目はペットショップ出身です。
(2匹目は最初の仔の息子ですし)

行政による殺処分やペットショップの矛盾
ボランティアさんに保護され、里親を待つ仔が沢山居る事…
最近でこそ報道もされる様になり少しずつ認知されて来たと思いますが
初めてペットを飼う事になったらまずペットショップに行くというのは
まだまだ一般的な事だと思います。

でもそこで出会った仔を家族として大切に可愛がり
その過程で色々な情報に触れ、それまで知らなかった事を知り
次の仔は里親募集しているボランティアさんのところから迎えよう
という気持ちになったら、それはとても素晴らしい事だと思います^^

私も子供の頃から動物全般大好きだったので
それこそ大人になってからもペットショップで可愛い仔犬や仔猫を
ショーウィンドゥ越しに見るのを楽しいと思っていた時期がありました。

それが、たまたま弱っていた仔猫(しめたん)を保護したのがきっかけで
猫を飼うようになり、さらにみんたんとの運命の出会いを経て
くろたんをボランティアさんから引き取る事になりました。
その後小雪もたまたま自分で保護する事になったのですが
当然その間に色々な事を知って、今では私もペットショップには
一切寄り付かない人間になってしまいました。
色々な事を知ってしまうと、無責任に「可愛い~~~♪」って
できなくなっちゃうんですよね…

私の何を言っているのか解らなくなっちゃいましたが
菫さんがとても真剣にみんたんや私の事を想って下さっているのが
伝わって来てとても嬉しかったです。


2015/09/16 (Wed) 01:35
 Plofile
Author : shimeji ★★★★★             拍手コメント嬉しく拝見しております^^         が、それをお伝え出来ない&お返事を書く事が出来ないので、ぜひエントリー記事へのコメントとして残してくれるとありがたき幸せ♪
猫とクレマチスを愛するワーキング主婦。 東京湾岸・運河沿いのマンションに夫と猫と共に生息。四半世紀ぶりに再開した弓道の稽古にいそしんでいます^^
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[06/18 せな]
[06/16 せな]
[05/30 あけ]
[05/10 風車]
[05/05 ももこ]
[04/26 goku]
[04/21 ももこ]
[04/21 ももこ]
にゃんずの紹介

しめたん★長女★サビ

1999年5月、当時の職場近くの路上で弱っているところを保護(推定生後1ヶ月)。我が家のファーストキャットとなりました。本当はもっと甘えたいのに素直になれないツンデレ・クールなしめたんです。2012年に乳腺腫瘍摘出手術を受けました。2016年に再発し再手術。

 


みんたん★長男★茶トラ

2001年5月、自宅マンション敷地内で保護(推定生後1週間)。シリンジで3時間毎にミルクを与え、排泄をさせて育てました。優しくて甘えん坊、茶トラらしい天真爛漫な男の子です。

★2015.8.15 肺疾患(確定診断は受けていません)による呼吸不全でお星様に… 悲しみが癒えるにはまだ少し時間が掛かりそうです…

 


くろたん★次女★黒猫

2004年11月、外猫ボランティアさんより里親として引き取る(推定1歳半)。FIV陽性で慢性の口内炎を患っていますが、獣医さんと協力して発症しない様に精一杯ケアしています。とっても優しくて甘えん坊。カナリアの様な可愛い声で鳴きます。

★2011.8.18 「急性動脈血栓塞栓症」でお星様に… 今でも大切な家族です。

 


小雪★三女★白猫

2009年6月、自宅近くのホームセンター駐車場で保護(推定5ヶ月)。先天性の重度の難聴と思われますが、日常生活にはまったく問題無く毎日元気に走り回っています。真っ白な体に青い瞳でとても美しい猫ですが、女の子とは思えない暴れん坊将軍w

ブログ内検索
shimejiにメールを送る
Facebook(shimeji)
バーコード

Copyright © 2013 にゃんともクレキチまっしぐら!
Template by Emile*Emilie