大好きなクレマチスとかわいい猫たち、趣味の写真がメインの徒然日記です^^

     お外に出ると苦しいんだ…

■■■ みんたん闘病記 その5<回想> ■■■

上の写真は8月11日に撮影したものなので
みんたんが亡くなる4日前です。

前回の 闘病記 その4 は7月30日なのでその12日後という事になります。

この間、以下の様な事がありました…

準備した酸素室に自分で入ってくれる様になったと喜んでいたのですが
その後あまり時間を置かずしてもっと大きな収納ケースに引っ越しする事に。

エアコンは常時稼働しているものの、酸素濃縮器の発する熱もあり
体温が40℃近くある生き物が狭い箱に入っていると室内温度が高くなりがちなので
タオルにくるんだアイスノンを酸素室内に入れる様にした事と
みんたんの状態が悪化してすぐに息が上がってしまう為
外から猫ドアを使って酸素室内に戻る時突き当りでクルリと向きを変える事無く
すぐその場で伸びた状態でへたり込んでしまうので
猫ドアが完全に閉まらない(酸素が逃げてしまう)事が多くなってしまったので
最初の酸素室では手狭になったと判断したからです。

同じ収納ケースのもっと大きいサイズのものをホームセンターで購入し
また私が猫ドアや酸素チューブの穴等を造作したのですが
2度目だったので、とてもスムーズに綺麗に出来ました^^

みんたんも新しい大きくなった酸素室にすぐに入ってくれましたが
もうその頃には殆ど酸素室から出られなくなっていました…


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


処方されていた制吐剤と食欲増進剤が体に合ったのか
7/26以来嘔吐は一度も無く、一時期食欲も回復しほんの少し体重も増えましたが
それも長くは続きませんでした…

ウィルス性肺炎の治療を開始してから丁度1ヶ月の8月9日の診察で
2週間ぶりにレントゲン撮影したところ肺の白い影はむしろ濃く広がっており
まったく治療の効果は無かったという事が解りました。

この時点で、セカンドオピニオンからウィルス性肺炎の治療をしてもらっていた
担当医からは、もう体に負担が掛かる効果の無い投薬は止めて
緩和ケアに移るべき時であるとの説明を受けました。

でも、どうしてもまだ諦めたく無かった私達は
もう本当に出来る事は無いのか?一縷の望みを捨て切れず
翌8月10日にもとのかかりつけの獣医さんに再度相談に行きました…
(もともと治療に不満があった訳では無かったですしね。)

きっとこの時、先生はほんの少しでも可能性があるならなんでもしたい
という私たちの気持ちに応えようとして下さったのだと思います。
同じ肺炎でもウィルスを原因とするものでは無く真菌を原因とするものだった場合
効く薬が全く違うので、可能性は低いけれども抗真菌薬を試してみますか?
と提案をしてくれました。

そして私たちは藁にも縋る思いで抗真菌薬をみんたんに飲ませるという
選択をしてしまったのでした…



拍手[2回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[04/26 goku]
[04/21 ももこ]
[04/21 ももこ]
[04/19 ももこ]
[06/28 あけ]
[06/21 みこ]
[06/20 あけ]
[05/21 ももこ]
 Plofile
Author : shimeji
猫とクレマチスを愛するワーキング主婦。 東京湾岸・運河沿いのマンションに夫と猫と共に生息。四半世紀ぶりに再開した弓道の稽古にいそしんでいます^^
にゃんずの紹介

しめたん★長女★サビ

1999年5月、当時の職場近くの路上で弱っているところを保護(推定生後1ヶ月)。我が家のファーストキャットとなりました。本当はもっと甘えたいのに素直になれないツンデレ・クールなしめたんです。2012年に乳腺腫瘍摘出手術を受けました。2016年に再発し再手術。

 


みんたん★長男★茶トラ

2001年5月、自宅マンション敷地内で保護(推定生後1週間)。シリンジで3時間毎にミルクを与え、排泄をさせて育てました。優しくて甘えん坊、茶トラらしい天真爛漫な男の子です。

★2015.8.15 肺疾患(確定診断は受けていません)による呼吸不全でお星様に… 悲しみが癒えるにはまだ少し時間が掛かりそうです…

 


くろたん★次女★黒猫

2004年11月、外猫ボランティアさんより里親として引き取る(推定1歳半)。FIV陽性で慢性の口内炎を患っていますが、獣医さんと協力して発症しない様に精一杯ケアしています。とっても優しくて甘えん坊。カナリアの様な可愛い声で鳴きます。

★2011.8.18 「急性動脈血栓塞栓症」でお星様に… 今でも大切な家族です。

 


小雪★三女★白猫

2009年6月、自宅近くのホームセンター駐車場で保護(推定5ヶ月)。先天性の重度の難聴と思われますが、日常生活にはまったく問題無く毎日元気に走り回っています。真っ白な体に青い瞳でとても美しい猫ですが、女の子とは思えない暴れん坊将軍w

ブログ内検索
猫温度計
shimejiにメールを送る
Facebook(shimeji)
バーコード

Copyright © 2013 にゃんともクレキチまっしぐら!
Template by Emile*Emilie